大阪八尾市の求人を探す際のコツと人間関係について

OL

求人に苦労する存在がいることを知ってほしい。

ニュースや新聞をチェックしていると、定期的に色々な国の統計が発表されていることに気が付く。その中でも我々国民に直結する事象と言えば、やはり有効求人倍率ではないだろうか。
これは求職者と求人企業の割合を数値化したもので、単純に「1」を超えれば求人企業が多く、「1」を下回れば求職者数の方が多くなる。当然景気の動向に企業の経済活動は外せないので、この有効求人倍率は景気の指標の一つに数えられる。
数年前のリーマンショック後は、この指標が極端に下がった。一方で近年はこの指標が大きく改善され、日本国内における経済活動はひとまず底を脱したと見ることができる。
こうなると難航するのが、企業における求職者の確保である。数年前までは企業の方が選り好みができる、いわゆる買い手市場だったが、これが一気に逆転して、今や求職者の方が選り好みしやすい売り手市場へと変わってしまった。
この時代の流れに翻弄されているのが、企業の採用担当者である。以前のように求人募集をすれば二桁にも上る人間が集まってきていたのに、現在では応募してくるのは一桁、下手したら誰も応募をしてこないケースすらある。この流れに疎い経営層は、人事担当者を攻め立てる。これを人事担当者はグッとこらえながら謝るしかないのだ。
一見求職者にとっては恐るべき存在に見える人事の採用担当者だが、裏ではこのような苦労をしていることを知ってほしい。そう思えば、面接の時の緊張も緩和されるのではないだろうか。

トピックス

求人に苦労する存在がいることを知ってほしい。

ニュースや新聞をチェックしていると、定期的に色々な国の統計が発表されていることに気が付く。その中でも我々国民に直結する事象と言えば、やはり有効求人倍率ではないだろうか。これは求職者と求人企業の割合を数値化したもので、単純に「1」を超えれば求人企業が多く、「1」を下回れば求職者数の方が多くなる。当然景気の動向に企業の経済活動は外せないので、この有効求人倍率は景気の指標の一つに数えられる…

「労働」について再考すべき時期なのかも。

私の友人の会社には、非正規雇用者として長年勤めてくれている男性がいるそうです。この方は事務処理能力が異様に高く、会社側としても正社員として雇用したいと再三申し出ているそうなのです。しかし当人の方はというといたってマイペースで、「自分が働くペースは今が最良なので、正社員として残業残業と働くようになったらパフォーマンスが落ちてしまう」と言う始末。幸いにしてずっと来てくれているようなので友人を含め…

年に似合わないアルバイト生活

弟はいい年齢になるのですが、塾でのアルバイトをしています。親も私もいつも心配をしているのですが、もちろん本人も心配しています。いつまで働けるか分からないし、かといっていろんな求人広告などをみて社員になるのを願って面接などを受けるのですが、年齢が年齢なもので、受け入れてくれるところがなくてそのままアルバイトを続けているというのが現実です。家族皆でもどかしく思っているので…

高校生のアルバイト

アルバイトを初めて経験した年というのが高校生であったという人は多いのではないかと思いますが、アルバイトニュースやネットでの求人サイトを見て16才以上からOK、高校生可という募集がないかどうか一生懸命見て探してついに応募できそうな仕事があったときはとっても嬉しかったのではないでしょうか。そして緊張しながら面接を受けて、持参した履歴書を渡してバイトがしたいということを述べるのです。どきどきですが…

TOP